ハリウッドセレクション

映画中毒な私が勝手に映画を星10個満点で評価したり、レビューやネタバレをしたり、ハリウッドスター達の情報を書いたりするブログ

デスパイト・ザ・フォーリング・スノー(ネタバレ)

f:id:iminluvwizmovies:20160522142406j:plain

デスパイト・ザ・フォーリング・スノー|Despite The Falling Snow|2016|イギリス|カナダ|レベッカファーガソンチャールズ・ダンス|サム・レイド|オリバー・ジャクソン=コーヘン|アンチュ・トラウェ|監督:シャミーム・サリフ

評価:星6個

映画では過去と現在が交互に映されていく感じだったのですが、わかりにくくなりそうなので別々にしたいと思います…。

 

1959年アメリカと冷戦状態のソ連モスクワ。友人のミーシャ(オリバー・ジャクソン=コーヘン)と小さなパーティーに行った政治家のアレックス(サム・レイド)は美しい女性カティア(レベッカファーガソン)に出会う。

f:id:iminluvwizmovies:20160522145426p:plain

 

モスクワ航空研究所で働くミーシャは機密情報を盗み、それをカティアに渡す。二人はアメリカのスパイで、わざとアレクサンダーに近づいたのだ。

f:id:iminluvwizmovies:20160522145737p:plain

その後も二人はソ連の国家資料館資料を盗んだりと、スパイ活動をしていた。

f:id:iminluvwizmovies:20160522150940p:plain

 

1959年モスクワ、カティアとアレクサンダーは結婚する。カティアはミーシャにアレクサンダーを本当に愛しているからもう彼をスパイしたくないと打ち明ける。

f:id:iminluvwizmovies:20160522151338p:plain

そんな中、アレクサンダーは上司のディミトリにアメリカのスパイが居る事を聞く。その夜、アレクサンダーに嘘をつき続けられなくなったカティアは自分がアメリカのスパイである事を告白する。

f:id:iminluvwizmovies:20160522153118p:plain

カティアとアレクサンダーはソ連がカティアを見つける前に一緒にアメリカに逃げる事を決意する。

アレクサンダーはディミトリにソ連がアメリカのスパイを一人捕まえたと伝えられてカティアかと心配するがそれは彼女ではなかった。

アメリカ、ニューヨークのソ連代表団の集まりに参加していたアレクサンダーはその会場から抜け出す。しかし合流するはずのカティアと連絡がつかない事を知る。

 

それから30年後、ニューヨークに住む年をとったアレクサンダー(チャールズ・ダンス)は未だにカティアに何が起こったのか知らないまま暮らしていた。テレビではソビエト崩壊のニュースが流れている。

アレックスの姪のローレン(レベッカファーガソン…カティアと一人二役)の個展にマリナ(アンチュ・トラウェ)という女性が来てアレックスとカティアについて教えて欲しいと言ってくる。

f:id:iminluvwizmovies:20160522150138p:plain

二人はかつてミーシャが資料を盗んだソ連の国家資料館に行きミーシャの存在を知る。ミーシャがまだ生きている事を突き止めた二人は彼を訪ねるが、ミーシャはスパイ容疑で捕まって拷問された痕を見せると話したくないと言って二人を追い出す。

 

マリナはローレンを訪ねて来たアレクサンダーに会うと、自分はディミトリの娘で、アレクサンダーがソ連を裏切ったためにディミトリは殺されたと言う。アレクサンダーはマリナにひどい事をしたと謝る。

ローレンとマリナを追い返したミーシャだったが、ローレンの個展に姿を表す。ミーシャがスパイだったとも知らないアレクサンダーは親友との再会を喜ぶ。

f:id:iminluvwizmovies:20160522160213p:plain

しかし、ミーシャがカティアに何が起こったのか知ったいるといい語り出す。

カティアはアレクサンダーと落ち合うためにアメリカに行こうとするが、その前にミーシャに会い、自分に何か起こったらこれをアレクサンダーに渡してと彼に手紙を託す。しかしミーシャはソ連が捕まえたアメリカのスパイとは自分の事で、カティアの事も吐いてしまったと言う。カティアはミーシャから逃げようとするが、ミーシャは彼女を撃ち殺してしまう。

f:id:iminluvwizmovies:20160522161628p:plain

ミーシャはカティアから託されていた手紙を遺品と一緒にアレクサンダーに渡す。その手紙を読んでアレクサンダーは涙する。おしまい。

 

この映画のメインはキャッチコピーの"You can betray your country but not your heart(国は裏切れても自分の心は裏切れない)"にもあるようにラブロマンスという感じで、愛のため、カティアと一緒にいるためにアレクサンダーはソ連を裏切ってしまうという話でした。

ミーシャもカティアが好きみたいだったんで愛のトライアングルみたいだったんです…まあカティアとアレクサンダーはお互いに凄い愛し合っていたからミーシャなんて全然眼中になかったんですけどね。カティアを愛してるんだったら逃がしてあげればよかったのに? このミーシャ役のオリバー・ジャクソン=コーヘンていう人イケメンだったのになんだか残念な役でした…。この人の出てる映画も今後見てみたいと思います!w

カティアはアメリカのスパイでありながらソ連のアレクサンダーを愛してしまったが故に自分が犠牲となってしまうという悲しい結末ですね(>_<)

このカティアとローレンを演じた女優、レベッカファーガソンは私が最近注目しているスウェーデン人の女優さんなんですが、最初に見たのがトム・クルーズのミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)だったんですけど、見た瞬間エレガントで綺麗な人だな〜って思ってそれからファンになりました? また新しいミッション・インポッシブルにも出るみたいなので期待したいと思います!!!

ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイションのレベッカファーガソン

f:id:iminluvwizmovies:20160522163628j:plain

 

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

 

予告(英語)


Despite The Falling Snow - Official UK Trailer